JR神戸駅北口より徒歩1分。内科、糖尿病内科

2023年6月1日 新規開院。 JR神戸駅徒歩1分の内科、糖尿病内科

WEB
予約
アクセス
電話予約
LINE
求人募集

血糖測定について

血糖測定の目的

1日の中で血糖は一定の値を保っているのではなく、食事やストレスといった様々な要因によって変動しています。
糖尿病の患者さんは、食事療法、運動療法、薬物療法を組み合わせて、健康な人の血糖変動と同じようにコントロールすることが目標となりますが、それには自分の血糖の変化を知ることが欠かせません。自分の血糖が食事や運動の影響をどのように受け、変化しているのかを知ることで、より適切な治療を受けることにつながります。

血糖自己測定(SMBG)

血糖の変動を知るために、診療時の採血だけではなく、自宅で血糖測定を行う方法があります。
血糖測定器を使って、自分で血糖値を測定することを血糖自己測定(Selfmonitering Blood Glucose:SMBG)と言います。

自宅で血糖測定をすることで、日常生活での血糖の変化を計測してデータを蓄積することができます。1日の流れの中で得たデータは、適切な治療計画を立てる重要な判断材料となり、これまで以上に良好な血糖コントロールを目指せるようになります。

SMBGのメリット

・1日の血糖の変化を自分で知ることができる
・血糖値に応じて、インスリンの投与量を調節することができる
・主治医の治療計画に役立ち、より良い治療を受けられる
・低血糖やシックデイの対応に役立てることができる

SMBGが健康保険の適応になる人

血糖値が不安定な人すべてに血糖自己測定は有効ですが、現在のところ、血糖自己測定が健康保険適用の対象になる方は、インスリン注射剤およびGLP-1注射剤で治療中の患者さんに限られています。

外来では『血糖自己測定器加算』という診療報酬で、血糖測定値に基づく指導を行うために血糖測定を使用した時に適用となります。この診療報酬はひと月に一回のみ算定され、血糖測定のためのセンサー、針、穿刺具などの消耗品や、測定器の費用を含んでおり、測定の回数に応じてひと月にお渡しできる消耗品の数も決まります。

また血糖自己測定器加算とは別にかかる費用として、注射製剤で糖尿病を治療されている方には『在宅自己注射指導管理料』があります。また、妊婦の方は『在宅妊娠糖尿病患者指導管理料』があります。

血糖測定の種類:何で測るか

近年の簡易測定器の進歩は目覚ましく、現在血糖測定方法にはいくつかの方法があります。

Self-Monitoring Blood Glucose(SMBG)
Flash Glucose Monitoring(FGM)
Continuous Glucose Monitoring(CGM)

糖尿病内科

糖尿病の専門外来を行っています。
健康診断で異常を指摘された方から、インスリンの投与が必要な方まで対応させていただきます。

PAGE TOP